下野新聞にコメントが掲載されました

1月9日の下野新聞の「「脱毛エステ」消費相談が急増 30代以下、支払い関係が大半」という記事に消費者問題に詳しい弁護士としてコメントが掲載されました。
最初に支払う金額や分割払いの金額が低く設定されていたりすることで、安易に契約してしまい、消費者相談に来られる方がいます。また、代金を完済しているものの、契約途中で事業者が破産してしまい、残りの期間の施術を受けられないというケースもあります。
下野新聞では、「契約の際には最終的な支払額を見越してほしい。」というコメントが掲載されていますが、十分注意してください。

▼こちらから記事の閲覧ができます
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/686612

関連記事

  1. 令和2年度適格消費者団体連絡協議会(3月開催)に「適格消費者団体…
  2. 適格消費者団体連絡協議会に出席しました
  3. 学習会の講師を務める服部先生 社会福祉法人で新入・若手職員向けの学習会を行いました
  4. 適格消費者団体連絡協議会で司会を務めました
  5. 不当寄附勧誘防止法 不当寄附勧誘防止法に係る説明会に参加しました
  6. 消費者契約トラブル110番 消費者契約トラブル110番の告知
  7. 預託法改正に向けた学習会に参加しました
  8. 活動報告のアイコン とちぎ消費者リンクの学習会を企画、実施しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP