再審法改正を求める院内集会に参加しました

2月2日、日弁連主催の「再審法改正を求める院内集会」にWEB参加しました。

 以前から、再審法改正に関心をもち、昨年は、櫻井昌司さんをお呼びした学習会を企画しましたが、本年も再審法改正に向けた取り組みをしたいと思っています。

 今日の院内集会では、櫻井さんから「えん罪犠牲者も改めて立ち上がる」という発言もありました。

 冤罪は、国家による最大の人権侵害です。誰もが冤罪の犠牲となる可能性を孕んでおり、冤罪犠牲者をなくすことは法曹関係者のみならず、私たち市民の社会的課題です。

 そのためには、再審における証拠開示制度の確立、検察側の不服申立て(上訴)を禁止する法律を制定することが必要です。

関連記事

  1. B型肝炎弁護団の逆転勝訴判決について声明が公開されています
  2. 水戸地裁に係属中の鬼怒川水害訴訟が結審しました
  3. 長野・特別養護老人ホームあずみの里 逆転無罪判決
  4. 貧困問題の“これまで”と“これから”
  5. 生田浄水場の視察をしました
  6. 再審法改正WEBセミナー(第6回)のすすめ
  7. 指定廃棄物問題 「指定廃棄物について考えるシンポジウム」に参加しました
  8. 活動報告 「再審法改正をめざす議員と市民の集い」に参加しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。