消費者カレッジの講師を務めました

7月21日、自治医科大学において、とちぎ消費者カレッジ「消費者トラブルになってしまったケースを知ろう」の講義をさせていただきました。新型コロナウイルスによる感染拡大の影響により、講義は、別室でのリモート方式で行いました。

近年、クレジットカードの番号の盗用が増えていることが客観的データにも現れています。また、勧誘されたときには無料と謳っているものの、徐々に有料となり、次第に大きな被害に見舞われるケースもあります。また、アルバイトと言われ、よくわからないまま詐欺グループに加担してしまったケースもあります。

その時々で、流行の消費者被害を知っておくことは、自己防衛するためにも重要なことです。

ご清聴いただき、ありがとうございました。

関連記事

  1. 消費者団体訴訟制度の活用について考えるシンポジウムに参加しました…
  2. とちぎ消費者ネットワークの講師を務めました
  3. 認定の写真 適格消費者団体の認定
  4. 預託法改正に向けた学習会に参加しました
  5. とちぎ消費者カレッジの収録をしました。
  6. 自治医科大学で「とちぎ消費者カレッジ」の講義をしました
  7. 9月5日 適格消費者団体連絡協議会に出席しました
  8. 消費者カレッジのようす とちぎ消費者カレッジの講師を務めました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP