生田浄水場の視察をしました

1月22日、川崎市多摩区にある生田浄水場の視察をしました。

 川崎市は、2016年、地元の自己水源で地下水を活用してきた生田浄水場を閉鎖し、工業用水専用の浄水場にしました。地下水が不足した事態がないにも関わらず、地下水を放棄し、最も遠方だと50km離れた小田原市の酒匂川から取水しています。遠方から取水するとなると、導水管の破損が起こりかねませんし、現に起きています。

 川崎市の水道事業は、災害多発の現状を考えたら見直すべきで、生田浄水場の復活が、安心・安全につながると述べる市民の訴えも、合わせて聞いてきました。

関連記事

  1. 指定廃棄物問題 「指定廃棄物について考えるシンポジウム」に参加しました
  2. 貧困問題の学習会のようす 栃木県弁護士会で行われた貧困問題の学習会に参加しました
  3. 活動報告のアイコン 「再審法改正をめざす議員と市民の集い」に参加しました
  4. 再審法改正を求める院内集会に参加しました
  5. インクルーシブ教育講演会のようす インクルーシブ教育の講演会に参加しました
  6. 「全国地域包括ケアシステム連絡会学習交流会」への参加
  7. 子どもの権利から考える校則の在り方2022 2022教育フォーラム「子どもの権利から考える校則の在り方」に参…
  8. 教育フォーラム2021のようす 「困難を抱える子どもや若者を取り巻く現状と支援」に関する学習会に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP