「とちぎ消費者カレッジ」の講師を務めました

7月23日、足利大学で、栃木県主催の「とちぎ消費者カレッジ」の講師を務めました。

大学の1コマを使ったもので、“消費者トラブルになってしまったケースを知ろう”という演題でお話をさせていただきました。

 情報商材どおりに投資をすれば儲けられるとの話をされて情報商材を購入したり、ホームページを作るだけで儲けられるとのアフィリエイトを勧められたり、セミナーへの参加を促しその場で高額契約をさせるなど、若い方を狙う消費者被害も存在しています。

 若い方を狙った詐欺では「お金がない。」と言うと、借入を勧められるケースもあります。借入をしてしまうと、業者に支払った以上のお金を返済することになってしまいます。

 消費者被害のケースも多様ですし、注意して、生活していってほしいと、改めて思いました。

関連記事

  1. 「成人年齢引き下げ」に関する学習会 とちぎ消費者リンクで「成人年齢引き下げ」に関する学習会をしました…
  2. 「適格消費者団体 とちぎ消費者リンク」の活動が
    「国民…
  3. 7月19日、とちぎ消費者カレッジの講師として、小山城南高校で講義…
  4. 全国消費者問題委員会委員長会議に出席しました
  5. とちぎ消費者リンクの学習会を企画、実施しました
  6. 預託法改正に向けた学習会に参加しました
  7. 適格消費者団体連絡協議会に出席しました
  8. 消費者団体訴訟制度の活用について考えるシンポジウムに参加しました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP