鬼怒川水害訴訟の報告

鬼怒川水害復旧工事の看板

2015年9月に関東・東北豪雨により鬼怒川が氾濫して常総市民に甚大なる被害を生じさせたことに対し、2018年8月に国家賠償を求める訴訟を水戸地方裁判所に提訴しています。2021年10月から、原告本人尋問が始まるため、休日を利用して、担当している原告2世帯のお宅に訪問し、改めて水害の被害を聞きました。

今でも、家には浸水の跡が残っていることにも驚きました。

2021年8月25日の現地進行期日には出席しましたが、改めて、常総市上三坂の決壊地点も寄ってきました。

関連記事

  1. 信濃川と「潟」の視察報告
  2. 学習会「日本人の伝統的自然観と治水のあり方」に参加しました
  3. いい仕事いい家庭つぎつぎとちぎ宣言の認定証 いい仕事いい家庭つぎつぎとちぎ宣言に登録されました
  4. とちぎ地方自治と住民 VOL.573 巻頭言を執筆しました。
  5. 「種子の会とちぎ」公開シンポジウムに参加しました
  6. 鬼怒川水害の判決期日に出席しました
  7. 2020年12月15日「下野新聞 朝刊」に弁護士のコメントが掲載…
  8. 多重債務相談に関する全国協議会に出席しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP