再審法改正を目指す市民の会 記念集会に参加しました

5月20日から公開されている「作ろう!冤罪をただす 再審の法制度(ルール)を! 再審法改正をめざす市民の会結成2周年記念集会」を視聴しました。

前半は、えん罪犠牲者の方々から、実体験を交えたお話がありました。

後半では、周防監督がコーディネーターを務めたシンポジウムが行われました。元裁判官の木谷明先生のお話は、再審請求の実体験を交えて、どのように再審請求に取り組んだか分かるものでした。元検察官で弁護士の市川寛先生のお話は、想像という前置きがありましたが、検察官の視点に納得させられました。鴨志田先生は、大崎事件の経験を通して、「再審格差」について実感したことを踏まえるもので、再審における法律の整備が必要であると感じさせられました。法曹関係者だけではなくても楽しめる内容となっています。

関連記事

  1. 鬼怒川水害の判決期日に出席しました
  2. 教育フォーラム2021のようす 「困難を抱える子どもや若者を取り巻く現状と支援」に関する学習会に…
  3. 貧困問題の“これまで”と“これから”
  4. 再審法改正を求める院内集会に参加しました
  5. 「全国地域包括ケアシステム連絡会学習交流会」への参加
  6. B型肝炎弁護団の逆転勝訴判決について声明が公開されています
  7. 水戸地裁に係属中の鬼怒川水害訴訟が結審しました
  8. 生田浄水場の視察をしました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP