日本弁護士連合会主催の「テレワークという働き方に関するシンポジウム」に参加しました

4月23日、労働組合に呼びかけさせていただき、Zoomウェビナーで行われたテレワークに関するシンポジウムに一緒に参加しました。

 いかなる場合にテレワークを命じることができるかという点から始まり、労働時間管理、設備費用負担、安全衛生対策やメンタルヘルス対策の問題について議論がされました。

 テレワークを命じることだけでも、使用者の配転命令権の範囲内か、それとも私的領域への就業場所の変更であるから個別合意が必要であるのか、感染拡大期と平時とで結論が変わるのかといった問題点があります。労働時間に関する問題では事業場外みなし労働時間制を適用できるかという議論にも及びました。

 シンポジウムは2時間でしたが、法的な整理をした上で、実務的にはどのように対応していくのがベストであるのか、再度整理する機会になりました。

関連記事

  1. 配転命令 日本労働弁護団プレ企画「配転命令事件の仮処分での闘い方」に参加し…
  2. 「宮里邦雄弁護士を偲ぶ会」に参加しました
  3. 非正規保育士の雇止めに対する地位確認認容判決の報告
  4. 「正規・非正規格差最高裁5判決」学習会へ参加しました
  5. 竹信三恵子先生の講演会 竹信三恵子先生の講演に参加しました
  6. 映画「時の行路」試写会へ参加しました
  7. 日本労働弁護団常任幹事会
  8. 日本労働弁護団 常任幹事会 に出席しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP