社会福祉法人で新入・若手職員向けの学習会を行いました

学習会の講師を務める服部先生

5月18日、栃木県内の社会福祉法人で新入・若手職員向けに、「消費者問題について~18歳成人、消費者トラブルの事例、対策」と題する学習会をしました。

国民生活センターが、成年年齢引下げ後の18歳・19歳の消費者トラブルの状況について公表している資料を参考にしつつ、私が実際に相談を受けた事例も取り上げ、講義をさせていただきました。

なりすましによるクレジットカード情報の盗用、個人情報の悪用は、社会的課題にもなっていますので、十分ご注意ください。

関連記事

  1. 提訴しました 差止請求訴訟を提起しました
  2. 預託法改正に向けた学習会に参加しました
  3. 7月19日、とちぎ消費者カレッジの講師として、小山城南高校で講義…
  4. 宇都宮中央女子(宇都宮中央)高校で消費者問題の講義をしました 12月13日、宇都宮中央女子(宇都宮中央)高校で消費者問題の講義…
  5. 「適格消費者団体 とちぎ消費者リンク」の活動が
    「国民…
  6. 巻頭言 とちぎ地方自治と住民VOL.613巻頭言を執筆しました。
  7. 活動報告 とちぎ消費者ネットワークの学習会の講師を務めました
  8. 消費者カレッジ2024.1 白鷗大学でのとちぎ消費者カレッジの講師を務めました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP