鬼怒川水害の判決期日に出席しました

代理人を務める鬼怒川水害訴訟(水戸地裁)の判決が、7月22日午後2時から言い渡されました。判決では、若宮戸地区の住民に対する国の賠償を命じました。
若宮戸地区は、砂丘が自然の堤防として機能していたにも関わらず、国が河川区域に指定しなかったため、太陽光発電事業者による掘削で堤防としての機能が失われたことを理由に、河川管理の瑕疵を認めました。
他方、上三坂地区については、流域の状況を考慮し、できる場所から改修を進めていたなどとして河川管理の瑕疵があったとはいえないとして訴えが退けられました。
一部認容とはいえ、水害訴訟において、国の責任を認める画期的な判決でした。

CALL4 WEBサイト
https://www.call4.jp/

関連記事

  1. 教育フォーラム2021のようす 「困難を抱える子どもや若者を取り巻く現状と支援」に関する学習会に…
  2. B型肝炎弁護団の逆転勝訴判決について声明が公開されています
  3. 「全国地域包括ケアシステム連絡会学習交流会」への参加
  4. 再審法改正を求める院内集会に参加しました
  5. 長野・特別養護老人ホームあずみの里 逆転無罪判決
  6. 2020年12月15日「下野新聞 朝刊」に弁護士のコメントが掲載…
  7. 桜井昌司さんの講演会 冤罪犠牲者である桜井昌司さんの講演を企画して行いました
  8. 鬼怒川水害復旧工事の看板 鬼怒川水害訴訟の報告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP