鬼怒川水害の判決期日に出席しました

代理人を務める鬼怒川水害訴訟(水戸地裁)の判決が、7月22日午後2時から言い渡されました。判決では、若宮戸地区の住民に対する国の賠償を命じました。
若宮戸地区は、砂丘が自然の堤防として機能していたにも関わらず、国が河川区域に指定しなかったため、太陽光発電事業者による掘削で堤防としての機能が失われたことを理由に、河川管理の瑕疵を認めました。
他方、上三坂地区については、流域の状況を考慮し、できる場所から改修を進めていたなどとして河川管理の瑕疵があったとはいえないとして訴えが退けられました。
一部認容とはいえ、水害訴訟において、国の責任を認める画期的な判決でした。

CALL4 WEBサイト
https://www.call4.jp/

関連記事

  1. 新聞掲載 5月2日の下野新聞の特集ページ(8面)で生活保護に関する解説が掲…
  2. 医療介護管理者・顧問弁護士交流会に参加しました
  3. フードバンクうつのみやの総会 5月27日、フードバンクうつのみやの総会に参加しました。
  4. 不当寄附勧誘防止法 不当寄附勧誘防止法に係る説明会に参加しました
  5. 活動報告 個人情報保護の講師を務めました
  6. インクルーシブ教育講演会のようす インクルーシブ教育の講演会に参加しました
  7. 顧客ハラスメント 顧問先のハラスメント研修に参加しました
  8. 活動報告のアイコン 「再審法改正をめざす議員と市民の集い」に参加しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP