7月19日、とちぎ消費者カレッジの講師として、小山城南高校で講義をしました

とちぎ消費者ネットワークでは、これまで、消費者教育の一環として、栃木県内の大学生を対象に「とちぎ消費者カレッジ」をしてきました。

2022年4月1日から成年年齢が18歳に引き下げられることに伴い、対象を高校生に拡大して講義をすることになりました。

講義の対象が高校生にも拡大されたことに伴い、7月19日は、小山城南高校にお伺いして、消費者問題に関する講義をさせていただきました。

消費者庁が作成された「社会への扉」のQ&Aの解説をしながら、契約が成立するときはいつであるのかという点から始まり、契約の取り消しに関すること、代金の支払い方法(クレジット・デビット・プリペイドカードの違いやリボ払いの意味)についてお話しました。また、20代前半の消費者トラブルの具体例についても紹介させていただきました。

関連記事

  1. 適格消費者団体連絡協議会に参加しました。
  2. 多重債務相談に関する全国協議会に出席しました
  3. 下野新聞にコメントが掲載されました
  4. 宇都宮中央女子(宇都宮中央)高校で消費者問題の講義をしました 12月13日、宇都宮中央女子(宇都宮中央)高校で消費者問題の講義…
  5. 令和2年度適格消費者団体連絡協議会(3月開催)に「適格消費者団体…
  6. 國學院大学栃木短期大学で消費者問題の講義を行いました 12月7日、國學院大学栃木短期大学で消費者問題の講義をしました
  7. 「適格消費者団体 とちぎ消費者リンク」の活動が
    「国民…
  8. 全国消費者問題委員会委員長会議に出席しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP