自治医科大学で「とちぎ消費者カレッジ」の講義をしました

4月15日、自治医科大学看護学部の学生を対象としたとちぎ消費者カレッジの講師を務めました。「消費者トラブルにあったケースを知ろう」と題し、学生を対象とするマルチ商法被害、定期購入によるトラブル、情報商材被害を中心に話しました。

被害者側のみならず、安易に、携帯電話や預金口座を提供してしまい闇金やオレオレ詐欺に加担してしまうケースなど、加害者側になりうることもあることも話しました。

消費者被害に遭わないためには、消費者被害のトレンドを知っておくことも重要です。

関連記事

  1. 活動報告 9月5日 適格消費者団体連絡協議会に出席しました
  2. 消費者団体訴訟制度の活用について考えるシンポジウムに参加しました…
  3. 活動報告 適格消費者団体連絡協議会で司会を務めました
  4. 令和2年度適格消費者団体連絡協議会(3月開催)に「適格消費者団体…
  5. 適格消費者団体連絡協議会 報告                 …
  6. 7月19日、とちぎ消費者カレッジの講師として、小山城南高校で講義…
  7. 「とちぎ消費者カレッジ」の講師を務めました
  8. とちぎ消費者リンク 第5回 通常総会を開催しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。