「種子の会とちぎ」公開シンポジウムに参加しました

 2月17日午後、「種子の会とちぎ」主催の「主要農作物種子法廃止と県条例の制定運 動」に関するシンポジウムに参加しました。
 2017年通常国会で、主要農作物種子法の廃止が可決成立しました。都道府県単位で、主要農作物種子条例を制定する運動が巻き起こり、すでに5県で条例が制定されています。
 種子法や各地の種子基本条例を中心に、遺伝子組み換え食品の表示厳格化や農薬取締法の改定、グリホサートの残留基準の緩和など、日本農業への影響も学習してきました。

関連記事

  1. 2020年12月15日「下野新聞 朝刊」に弁護士のコメントが掲載…
  2. 多重債務相談に関する全国協議会に出席しました
  3. 長野・特別養護老人ホームあずみの里・業務上過失致死事件の学習会と…
  4. 子どもの権利から考える校則の在り方2022 2022教育フォーラム「子どもの権利から考える校則の在り方」に参…
  5. 長野・特別養護老人ホームあずみの里 逆転無罪判決
  6. いい仕事いい家庭つぎつぎとちぎ宣言の認定証 いい仕事いい家庭つぎつぎとちぎ宣言に登録されました
  7. 鬼怒川水害復旧工事の看板 鬼怒川水害訴訟の報告
  8. 学校給食を考える会 学習会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP