担当した案件が労働判例に掲載されました

裁判情報

労働者側代理人として担当した案件が2024年2月1日発行の労働判例(No1298)に掲載されました。
嘱託職員の賞与・休暇等にかかるパート有期法違反該当性等について判断した宇都宮地裁判決です。正規、非正規間の労働条件の相違は、労働契約に関するもので労基法の分野と比べると曖昧さがあります。
しかし、案件を担当することで、裁判所がどのような要素に注目しているのかということも分かるため、可能な限り結論を曖昧にせずアドバイスをすることが可能となります。

関連記事

  1. 会計年度任用職員制度学習会のようす 「会計年度任用職員制度学習会」に参加しました。
  2. 労働弁護団関東ブロック総会に参加しました
  3. 日本労働弁護団 常任幹事会に出席しました
  4. 活動報告 日本労働弁護団常任幹事会に出席しました
  5. 6月6日、群馬県庁にて労災認定に関する記者会見を行いました
  6. 7月14日の労働組合での講義「2012年改正労働契約法~主に改正…
  7. 映画「時の行路」試写会へ参加しました
  8. 労働者側の主任代理人として取り組んだ労働事件の特集がされています…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP