栃木県弁護士会で行われた貧困問題の学習会に参加しました

貧困問題の学習会のようす

2月25日、栃木県弁護士会で行われた貧困問題の学習会に参加しました。
千葉県弁護士会から澤田仁史弁護士に来ていただき、生活に悩み、餓死してしまったり、無理心中に至ったりしたケースの報告などを頂きました。
パネルディスカッションではNPO法人ほっとプラス理事の藤田孝典さん、フードバンクうつのみやの曽根裕弥さん、下野新聞記者の東山聡志さんを加え、会場からもフードバンクの活動や、子ども食堂の活動に関する意見交換がされました。

関連記事

  1. 生田浄水場の視察をしました
  2. 子どもの権利から考える校則の在り方2022 2022教育フォーラム「子どもの権利から考える校則の在り方」に参…
  3. 貧困問題の“これまで”と“これから”
  4. 指定廃棄物問題 「指定廃棄物について考えるシンポジウム」に参加しました
  5. 艮香織先生学習会 艮香織先生の学習会に参加しました
  6. 長野・特別養護老人ホームあずみの里・業務上過失致死事件の学習会と…
  7. 再審法改正を求める院内集会に参加しました
  8. 活動報告のアイコン 「再審法改正をめざす議員と市民の集い」に参加しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP