生田浄水場の視察をしました

1月22日、川崎市多摩区にある生田浄水場の視察をしました。

 川崎市は、2016年、地元の自己水源で地下水を活用してきた生田浄水場を閉鎖し、工業用水専用の浄水場にしました。地下水が不足した事態がないにも関わらず、地下水を放棄し、最も遠方だと50km離れた小田原市の酒匂川から取水しています。遠方から取水するとなると、導水管の破損が起こりかねませんし、現に起きています。

 川崎市の水道事業は、災害多発の現状を考えたら見直すべきで、生田浄水場の復活が、安心・安全につながると述べる市民の訴えも、合わせて聞いてきました。

関連記事

  1. 指定廃棄物問題 「指定廃棄物について考えるシンポジウム」に参加しました
  2. 「全国地域包括ケアシステム連絡会学習交流会」への参加
  3. 貧困問題の“これまで”と“これから”
  4. 長野・特別養護老人ホームあずみの里 逆転無罪判決
  5. 長野・特別養護老人ホームあずみの里・業務上過失致死事件の学習会と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。