生田浄水場の視察をしました

1月22日、川崎市多摩区にある生田浄水場の視察をしました。

 川崎市は、2016年、地元の自己水源で地下水を活用してきた生田浄水場を閉鎖し、工業用水専用の浄水場にしました。地下水が不足した事態がないにも関わらず、地下水を放棄し、最も遠方だと50km離れた小田原市の酒匂川から取水しています。遠方から取水するとなると、導水管の破損が起こりかねませんし、現に起きています。

 川崎市の水道事業は、災害多発の現状を考えたら見直すべきで、生田浄水場の復活が、安心・安全につながると述べる市民の訴えも、合わせて聞いてきました。

関連記事

  1. 鬼怒川水害の判決期日に出席しました
  2. 再審法改正を求める院内集会に参加しました
  3. 水戸地裁に係属中の鬼怒川水害訴訟が結審しました
  4. 再審法改正を目指す市民の会 記念集会に参加しました
  5. 「鬼怒川水害裁判の報告&全国水害被災地と交流するつどい」に参加し…
  6. 艮香織先生学習会 艮香織先生の学習会に参加しました
  7. 教育フォーラム2021のようす 「困難を抱える子どもや若者を取り巻く現状と支援」に関する学習会に…
  8. 桜井昌司さんの講演会 冤罪犠牲者である桜井昌司さんの講演を企画して行いました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP