労働契約法20条の学習会の講師を務めました

7月14日、労働組合で「2012年改正労働契約法~主に改正20条の到達点と課題~」とする学習会の講師を務めました。

不合理な労働条件の禁止を定めた労働契約法20条については、昨年、最高裁判決が2件、今年、重要な高裁判決が2件出されています。判例を素材にして給与、賞与、退職金、各種手当の結論と理由を中心に話しました。一通り話をした後には、消滅時効に関する点、定年後再雇用の手当の未支給などの質問をいただき、更に深めることができました。

労働契約法20条(パートタイム・有期雇用労働法)につきましては、高いレベルでの法的アドバイスができるように、引き続きフォローします。

関連記事

  1. 活動報告 「正規・非正規格差最高裁5判決」学習会へ参加しました
  2. 未払賃金立替払制度 研修会へ参加しました
  3. 日本労働弁護団 第62回 全国総会 日本労働弁護団 第62回 全国総会に出席しました
  4. 映画「時の行路」試写会へ参加しました
  5. 非正規保育士の雇止めに対する地位確認認容判決の報告
  6. 労働弁護団関東ブロック総会に参加しました
  7. 担当した事案が「労判」に掲載されました
  8. 日本弁護士連合会主催の「テレワークという働き方に関するシンポジウ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。