貧困問題の“これまで”と“これから”

4月19日、栃木県生協連主催の湯浅誠先生の学習会に参加してきました。
湯浅先生は、子どもの貧困の問題について、赤色信号が灯った子に対して、どのように支援をするかということだけではなく、黄色信号から赤色信号にならないために、「人と人がふれあう やさしくて、あたたかい にぎわいを地域に創る」と話していました。「貧困対策」というと、身構えてしまうし、自分にできることは少ないと思ってしまいますが、そうではなく、地域に目を向けて関わっていくだけでもいいのかと思うと気を楽にして考えられました。

関連記事

  1. 子どもの権利から考える校則の在り方2022 2022教育フォーラム「子どもの権利から考える校則の在り方」に参…
  2. 再審法改正を求める院内集会に参加しました
  3. 水戸地裁に係属中の鬼怒川水害訴訟が結審しました
  4. 「鬼怒川水害裁判の報告&全国水害被災地と交流するつどい」に参加し…
  5. 生田浄水場の視察をしました
  6. 「全国地域包括ケアシステム連絡会学習交流会」への参加
  7. 活動報告のアイコン 「再審法改正をめざす議員と市民の集い」に参加しました
  8. 鬼怒川水害の判決期日に出席しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP