日本労働弁護団 第62回 全国総会に出席しました

日本労働弁護団 第62回 全国総会

 2018年11月16日~17日、北海道札幌市で行われた日本労働弁護団 第62回 全国総会に出席しました。北海道大学名誉教授の道幸哲也先生の「労働関係の集団的性質と労働組合法の課題」と題した記念講演は非常に興味深いものでしたし、総会では情勢に合わせた重要な決議が採択されました。

 服部有弁護士は、不当労働行為(組合員差別)、地位確認(解雇・雇止め無効)、残業代請求、労働災害(労災認定・民事賠償)、正規非正規の格差是正の事件を受任しているだけでなく、日本労働弁護団の常任幹事を務め、労働事件にも力を入れております。労働事件の経験を元に、一緒に解決を目指します。お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 労働契約法20条の学習会の講師を務めました
  2. 未払賃金立替払制度 研修会へ参加しました
  3. 映画「時の行路」試写会へ参加しました
  4. 日本労働弁護団常任幹事会
  5. 担当した事案が「労判」に掲載されました
  6. 7月14日の労働組合での講義「2012年改正労働契約法~主に改正…
  7. 労働弁護団関東ブロック総会に参加しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP