学習会「日本人の伝統的自然観と治水のあり方」に参加しました

1月31日、新潟大学名誉教授である大熊孝先生による講演会「日本人の伝統的自然観と治水のあり方-究極の治水策は400年前にある-」に参加しました。

治水の王道は、「河川改修と堤防強化にあり、被害が拡大しないように破堤しにくい堤防に強化する。」ということでした。

自然は恵みもあれば脅威でもありますが、共生に向けての治水の在り方について考えさせられました。

関連記事

  1. 信濃川と「潟」の視察報告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。