6月6日、群馬県庁にて労災認定に関する記者会見を行いました

足利市在住の男性から依頼を受け、前橋労基署に対し、労働災害の申請をしていましたが、5月23日付けで認定がされました。2022年12月にくも膜下出血を発症してしまいましたので、発症から約1年半後の認定でした。

当日の記者会見の様子はマスコミ各社で報道されました
https://www.tokyo-np.co.jp/article/332076

関連記事

  1. 労働者側の主任代理人として取り組んだ労働事件の特集がされています…
  2. 「宮里邦雄弁護士を偲ぶ会」に参加しました
  3. 日本弁護士連合会主催の「テレワークという働き方に関するシンポジウ…
  4. ロゴ 労働組合の春闘オンライン集会で講師を務めました
  5. 配転命令 日本労働弁護団プレ企画「配転命令事件の仮処分での闘い方」に参加し…
  6. 映画「時の行路」試写会へ参加しました
  7. 裁判情報 担当した案件が労働判例に掲載されました
  8. 日本労働弁護団常任幹事会

コメント

  1.  労働災害認定のご報告
     うれしく思います
     過重労働が認められたとのこと
      よかったです

     かねてより
     『 労働問題 」は
      八幡山法律事務所が 注力している分野の一つ 
     と お話されていたことを思い出しています
     そして
     身近に頼れる・活躍されておられること
      本心より心強く思います
     ありがとう ありがとうございます 

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP