担当した事案で「労判」に掲載されました

控訴審から労働者側代理人に就任した「元運転代行従事者2名」の割増賃金請求事件が労働判例2019.8.1-15(No.1202、121頁~137頁)に掲載されました。
 第1審(宇都宮地裁 2016年9月14日判決)では、運転代行従事者の労働者が否定され割増賃金の支払いを認めなかったのに対し、第2審(東京高裁 2018年10月17日判決)では、労働者性が肯定され、逆転で勝訴しました。付加金の請求も認めています。
 労働基準法9条の労働者性については、使用従属性から判断されるとされていますが、個別の判断によらざるを得ず、いかに事実を積み重ねられるのかという点が重要です。代理人就任直後から、当事者から聴き取りをし、手持ちの書類等を精査しながら適切な主張を積み重ねた結果、労働者側の主張が認められました。

関連記事

  1. 7月14日の労働組合での講義「2012年改正労働契約法~主に改正…
  2. 日本労働弁護団 第62回 全国総会 日本労働弁護団 第62回 全国総会に出席しました
  3. 労働契約法20条の学習会の講師を務めました
  4. 過失運転致死事件の被疑者弁護を担当し、不起訴で事件が終了しました…
  5. 労働弁護団関東ブロック総会に参加しました
  6. 日本労働弁護団常任幹事会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。