「鬼怒川水害裁判の報告&全国水害被災地と交流するつどい」に参加しました

2月12日に常総市で行われた「鬼怒川水害裁判の報告&全国水害被災地と交流するつどい」にリモート参加しました。

 第一部は、「鬼怒川水害裁判はどんな争点で行われているか」として、改めて、常総市若宮戸地区の越水は、湖畔砂丘による自然堤防が掘削されたところから起きていることなどが報告されました。

 第二部は、「水害被災各地からの報告と交流」として、岡山県真備町、長野県の千曲川流域、茨城県の久慈川流域、熊本県の球磨川流域からの報告がありました。

 2018年8月に水戸地裁に提訴した鬼怒川大水害訴訟は、2022年2月25日に結審する見込みです。

関連記事

  1. 子どもの権利から考える校則の在り方2022 2022教育フォーラム「子どもの権利から考える校則の在り方」に参…
  2. 2020年12月15日「下野新聞 朝刊」に弁護士のコメントが掲載…
  3. 再審法改正WEBセミナー(第6回)のすすめ
  4. B型肝炎弁護団の逆転勝訴判決について声明が公開されています
  5. 再審法改正を求める院内集会に参加しました
  6. 「再審法改正をめざす議員と市民の集い」に参加しました
  7. 長野・特別養護老人ホームあずみの里 逆転無罪判決
  8. 水戸地裁に係属中の鬼怒川水害訴訟が結審しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP